本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2013年分

07月06日 三沢沖メバル船釣り

ニセクロさんより、去年も頂いた三沢沖メバル船釣りの情報を頂きました。

以下、三沢沖メバルの基本タックル&状況そして解説は浅場から深場までカバーする
ニセクロさんからのメールです。

出航後、航程約1.5時間につきタックル準備と仕掛け作成タイム。
参考タックル・リールSB1000MT 竿DC300W 錘250号 バッテリ12V20A           
道糸PE8号800m 幹糸10号@9000mm 親子4*5で接続 8本針 ムツ毛針17号(桃.青.ケイムラ)ハリス6号450mm  
他集魚灯 エサ 得意のサバの切身(味の素漬け



波風はそれほどでもないが、うねりが
ややきつい。期待と船酔いで胸いっぱいで
ポイント到着。

まずは水深80mでメバル探し
魚探反応はやや薄いがやってみる。
相変わらずガンガン竿を叩く当りで興奮。

程よいところで巻き上げ満貫/8針をゲット、
一部ガヤ混じりでミッションクリア。
順調な滑り出し?でニンマリ。

同じ場所を流すが二回目はチョー渋くなる。
1〜2匹で終わる・・・・
よって頻繁に場所移動 。
移動直後はそこそこ掛りますが
本調子でない感じ。

タラ・ソイ・ガヤも混じる。
120mまでチェックしたのち
150m移動の提案があったが潮が
激早とのことで断念。

100mに戻ってソイのポイントに行って
良型がボチボチとれる。
14:00終了。


釣果は50リッタークーラーに9割。
メバル20匹・
ソイ18匹・
タラ3本・
ガヤ4〜5匹
型は若干ばらつきましたが良し。
今回は小型が混ざりましたが、小ソイに
邪魔されなければもうちょっと釣果が
伸びそうです。

食いが浅いのか追い食いを欲張って、
かなりの魚を逃がしたようです。
腕を磨いてまた挑戦しますとの事。。

以上、ニセクロさん情報を
ありがとうございました。

羨ましいクーラーの中!赤と黒の競演!!
これなら当分の間、家族を養えそうですね。

タックルに手が届きましたら、
私も参戦してみたいと思います。

ではまた階上沖で!

釣り日誌2012年分一覧に戻る


[PR]


バナースペース