本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

階上沖船釣りマスナタヒラメ船釣り

仕掛けの絡み対策(1)ゴムチューブ

マスナタでヒラメを狙っていて周りの人が釣れているのに
”自分だけ釣れない・・・”と思った時は、
仕掛けが絡んでいる可能性”大”です。巻き上げて確認してみましょう。

よく絡むのはマスナタの尻に取り付けた仕掛けがナタ本体に絡む事が多く、
マスナタのバランス、エサの付け方等色々な原因が考えられます。

しかも絡むのは決まって”酔いそうなウネリ”のある”釣れない日”で、
絡むことにより事態は悪い方へと向かいます。

その為、なるべく絡まないような対策を取るようにしましょう。


マスナタの尻尾にはこんな感じで仕掛けを
取り付けますが、スナップ、と尻尾、
スナップとサルカンの所がクネクネと
動きやすいので、ココにゴムチューブを
被せクネクネを無くします。


まずは、ハリスの所に一つ。
ここは取り付けている方も
多いと思います。

     

次にサルカンとスイベルの間。
ここはサルカンの回転を妨げないような
長さにしましょう。

     

最後は尻尾とスナップの間。
始めは尻尾側に取り付け仕掛けを
セットしたら尻尾側にググッと
寄せて完成!
これで絡みも激減?!するかも。

次のページでは”北海道仕様”の説明です。

階上沖マスナタヒラメトップに戻る

     

[PR]


バナースペース