本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣りアイテム改造&製作ラインワーク

カレイ仕掛け等のエダスの出し方(1)

カレイ仕掛け等で重宝するエダスの簡単な出し方です。


まずはラインを適当な長さに切り、
エダスを出したいところに折り目を付けます。


そこへビーズを通していきます。

反対側が(画面左側)が既にエダスをだして
いるとか、何かをアイテムを取り付けていいる
等で通せない状態の時はこのように下になる
ビーズから通していきます。


折り目の反対側へ。


サルカンを通す前に、輪の部分を少しだけ
潰して(楕円形)おきます。


左側が潰した方、右側がノーマル。
がっちり潰してしまうとラインに通せなく
なりますのでお気を付けを。


潰したらサルカンを通して、


通してきた側のラインを、ビーズの穴に
通します。(ビーズの穴には2本のラインが
通ってます。自分の通したビーズの順番を
ここで最終確認しましょう。入れ替えられる
のはここまでです。)


このままだとビーズの穴にサルカンの輪が
通らないので、さらに潰します。


ラインを切らない、傷つけないように気を付け
ラインが入るギリギリまで潰しましょう。


うまく潰れたらビーズを持ちながら
ラインを引っ張り、


カチッと一番上のビーズにハマると完成。
ラインにキズが付いていると引っ張った段階で
ブチッと切れます。

切れるのがきになる片は、サルカンを潰さずに
ビーズの中に入れずに使用しましょう。

続きは次のページで。


[PR]


バナースペース