本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

船酔い対策Seasickness

船酔い対策 その1

○○○○○○○○イメージ

このページをご覧になった、あなたは船酔いしますね!?ご心配いりません。
管理人@クロフネは波やウネリが大きいと高い確率で船酔いしています。
同じ青森県でも陸奥湾はおだやかですが、太平洋側の階上沖はやはり波もウネリも違います。

克服できるかわかりませんが、「酔う」と思ったあなたは酔い対策を万全にしましょう。
2015年現在、歳のせいなのか、慣れてきたのか分りませんがあまり酔わなくなりました。


船に乗る前の対策

朝ごはんは食べていきましょう

食べないで行く方、食べていく方といますが酔う確率が高い方は食べて行った方が無難です。
船酔いが最高潮に達した時に、モドすモノがないと吐くに吐けず苦しいまま船上で過ごす事となります。
吐きだすと以外にスッキリして釣りを再開できる事もありますので、朝ごはんは忘れずに。


凪の時も必ず酔い止め薬を飲みましょう

ベタ凪だと油断して酔う可能性が出てくる・・・。今日は凪だ!絶好の釣り日和だ!と意気込んで
行ったは良いが・・・凪の良い日って釣れない事も多く、階上沖では凪の日でも多少のウネリはアリ・・・
その微妙な感じが酔いを誘います。


釣行前日は良く寝ましょう

寝不足だと酔う可能性が高くなります。しかし、釣行前は子どもの頃の遠足の前の日と同じでワクワク
ソワソワ。あれも持って行った方が良いか、もう一つ仕掛けを作るか等なかなか寝付けません。
ここは風呂入ってサッパリ、ビールをグイッと飲んで早く寝てしまいましょう。

     

船に乗船後の対策

揺れない中央に乗りましょう

船首の方はもちろん揺れますし、船尾もなかなか揺れます。真ん中は両端よりは揺れないかと・・・。
管理人@クロフネはどこでも酔います。

     

船上での細かい作業は避けましょう

船上では根掛かりやオマツリ等で仕掛けのハリ交換、仕掛けを解く等の作業が出てきます。
乗船前に酔いやすいのでオマツリを解いてくれる船をお願いしたり、ハリを交換するのではなく
仕掛けごと交換すると細かな作業をしなくても済み酔う確率が減ると思います。

     

船のエンジン排気口の近くは避けましょう

排気口からの排ガスは独特のニオイがして人によっては具合の悪くなる方もいますので、同船する方又は      船頭さんに言って排気口から離れた場所に座らせてもらいましょう。

     

船上で酔ってきたら・・・

炭酸系を飲みましょう

船上でヤバイ感じになったときに炭酸を飲みゲップをすると、なんとなく気分が晴れます。その時の炭酸は甘ったるいジュース系ではなく、味の無い炭酸水やレモン等の柑橘系の炭酸水が良いです。

     

最高潮に達する前に寝る

なんか酔ってきた・・・と感じたら仕掛けを上げ、”酔ったみたい!寝る”と宣言して船上に寝転がりましょう。
横になると以外に酔いが無くなり、少し経つと揺れにも慣れ釣りを再開できる事もあります。

     

あきらめる

酔う日というのは揺れる+釣れないという日も多く感じます。ここはもう船代分の揺りかごに乗っている事とし
思いっきり寝ましょう。帰りの運転も眠気も無く楽チンで快適に帰れます・・・。

     

[PR]