本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣りアイテム改造&製作ラインワーク

2本ヨリラインの先糸への結び方

お隣の県、M市にお住まいのTさんよりご質問のカレイ釣り仕掛けの幹糸への結び方のページです。
管理人@クロフネはラインの結び方などあまり知りませんので、結び目に関しては
適当な部分もございますのでご了承ください。

盛岡市のTさんご質問ありがとうございました。
参考になっていれば幸いです。


先糸にオモリを取り付けるスナップ付き
サルカンを取り付けます。

このとき、先糸側ではない余分な側も
少し長めにし、切らないでおきましょう。

2本ヨリラインはヨリが解けないように
テープか瞬間接着剤で固定します。


2本ヨリラインの余った2本で
先糸を挟むようにし、上側は反時計回り
下側は時計回りで4〜5回巻き付けます。


上側ですが、このように先糸と結んだ反対側の
長めに残しておいたラインとをグルグルと。


下側も同じように。


4〜5回でストップ。


下側も同じく4〜5回でストップ。


少し濡らしてギュッとサルカン側に集めます。
集めたら上側は先糸と残しておいた
先糸の残りをまとめて絡めた2本ヨリラインで
結びます。

下側はサルカンの上側で結びます。


上側は2本ヨリのラインで先糸ともう一つの
ラインを巻くように結びます。

この時、結んだラインが上側に出るように
結びます。


上側は抜けないように、先糸の余ったライン
(C)で先糸(A)と、2本ヨリからのライン
(B)を巻いて結びます。


下側は2本ヨリの巻いたラインをもう一度
巻き付け、解けそうな時はサルカンに
結び付けます。


後は先糸以外の余分なラインを切り


大体こんな感じで完成です。
見た目を良く仕上げるためにウィリーを巻き
瞬間接着剤で固めています。


[PR]


バナースペース