本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2016年分

10月01日&02日 階上&三沢沖マスナタヒラメ船釣り
(釣り人:フクスケさん)

タフな釣り人、フクスケさんより階上&三沢沖の連チャンでのマスナタヒラメの情報を頂きました。

まずは1日土曜日、階上沖でレジェンドJ丸の乗合で出船。
始めは、アタリも無くアタリがあって2分以上待って合わせてもハリ掛かりせず大苦戦。
次のポイントで待って合わせ、上がって来たのは60cm強クラスのヒラメを続けて2枚。
それからアタリが無いモノの反対側に陣取った方は入れ食い状態。
潮の流れが右舷の方に良い感じで流れていたようです。
途中、潮止まりで沈黙の時間があり、また流れるとまた右舷の方から釣れ始め1日目終了。
階上沖での釣果は、ワラサ、マトウダイ、沖メバル各一匹、ソイ2匹、ヒラメは11枚でした。


そして2日日曜日、いつも行く居酒屋メンバーとの釣行で乗るはR丸。
他の皆さんは胴付き仕掛けに、マスナタで挑むフクスケさん。
振り始めるとフグの攻撃に合い、オマツリした為胴付き仕掛けにチェンジ。
アタリすらなく、今度は天秤仕掛けに変えるもこちらもアタリ無し。
あれこれやってみるも全然ダメで、マスナタで再びチャレンジ。
オマチリしないように小さく振ったのでオマツリは回避できましたが
アタリが無く大苦戦。他の胴付き仕掛けの方々にはぽつりぽつりと
ソイ、沖メバル、イシナギが釣れ、それを見ていたフクスケさんにも待望のアタリが!
上がってきたのはイシナギ。

マスナタを振るフクスケさんを見てR丸船長次の移動でヒラメが出るポイントへ。
そこで大きなアタリと竿のしなりで大物か!と思いきや・・・痛恨のバラシ。
バラシの後、他の方に大物が掛かったようで船上でみんなが見ている前で上がってきたのは
50cm強はある真鯛!!
諦めずに振ると一旦離し、再び喰い付き竿をしならせ上がってきたのは
75cmのヒラメ(居酒屋店長 実測)。フクスケさん全長の自己新記録です。
その後は、アタリがあるも掛けられず今回は終了。
三沢沖でのフクスケさんの釣果はヒラメ1枚、カサゴ1匹、イシナギ1匹でした。

フクスケさん連日の釣行お疲れ様でした&情報ありがとうございました。


”ヒラメマイスター”フクスケさんでさえ、良い日もあれば悪い日もある。
釣り兄貴マッチャンでさえもスランプから抜け出せない日々もある。(一昨年だったかな?)
今年のヒラメはちょっと気難しいようで、釣れない日に当たった初めての方はちょっとかわいそうですね。
しかし、大丈夫。フクスケさんも初めは0枚からのスタート。今では30枚を超える日も。
諦めずに振り続ければ、朝の来ない夜は無い、春の来ない冬は無い、クロフネが酔わない船は無い・・・。
酔わなければ次回お目にかかりましょう。

では、また階上沖で!





[PR]釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】


バナースペース