本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2016年分

10月22日  階上沖マスナタ五目船釣り

本日、タイトルが階上沖マスナタ五目と
なっておりますが、ご覧の皆様間違いでは
ありません。タイトル通りマスナタを使った
ヒラメ釣りでは無く五目釣りだと思って
ご覧ください。

朝晩、めっきり寒くなり防寒を着込んだまま
向かった階上沖。そこで待ち受けていたのは
アイナメ50cm級がダブルで掛かったよりも
強烈な引きで神の竿を曲げ、最後まで抵抗する
階上沖に住む住人であった!


本日はフクスケさん、わん太郎さん、ミヤさん
ジグマイスターさん、そしてヒラメの釣り方を
忘れた男、管理人@クロフネの五人。
乗るは久々のH丸。
お願いしたのはヒラメ釣り・・・・・のはず。

出港し、最初のポイントで小型のヒラメが
ポツリ、ポツリと上がるも・・・その後沈黙。
根の近くに来るとポツ、ポツとソイが上がるも
シーンとした状態が続く。
原因は潮加減。流れが遅かったり、方向が
掴みづらい等、船頭泣かせの日。

根周りやブロック際等を責めるも
ポ・・・・・・・と言う感じ。

大きく移動し、近くのS丸に聞くと、
上がっているらしい。目と鼻の先ぐらい
なので船長さかちゃんも困っている様子。

普通ならココで心が折れるのだが、先日三沢で
地獄を味わった後、天国が訪れたので諦めずに
振り続ける管理人@クロフネとフクスケさん。
わん太郎さんはナタを振ったり、カブラを
やったりとコチラも腐らずに釣り続ける。


さかちゃんより、そろそろブロックだよと
言われた瞬間、フクスケさんの竿にガガガッと
アイナメを強烈にしたアタリが!!
神の竿をしならせ上がってきたのは
50cmオーバーのイシナギ。

さかちゃんと一緒に写真を撮っていた時に
管理人@クロフネの竿にもアタリが!!
同じくガガガッと最後まで抵抗して上がって
きたのはフクスケさんのよりもひと回り小さい
イシナギ。
そこはイシナギが貯まっていたようで、
ミヤさんにもそして管理人@クロフネにも
また釣れてくる。

このイシナギ、引きが強烈でソイと似た
顔をしながら胃袋が出ずに海面まで暴れ続け、
船上に上がると背びれを広げ威嚇?します。


反対側では階上一とさかちゃんのお墨付きの
ジグマイスターさんがイナダ、ワラサクラスを
ポツリポツリと上げていて、やはり青物は
ジグの方が釣れるようですね。

その後は、ポツリ・・・ポツリとソイが釣れ
さかちゃんに外人と会話の出来るT丸船長より
帰ってこいコールが来て本日は終了。



本日、全くヒラメが釣れなかった
管理人@クロフネの釣果は

イシナギの幼魚 3匹
ソイ 5匹
メバル 3匹
そして 疑惑のヒラメ1枚
でした。 



    

先週に続き、今週も地獄の一丁目まで
苦しみましたが、我慢の末のイシナギは
とても嬉しかったです。

全体的にヒラメの釣果は良くなかったようで、
2桁釣った方はいないようでした。
枚数は出なかったものの、フクスケさんは
50cmクラスを2枚釣り上げていました。
さすがです。


本日、ご一緒したフクスケさん、わん太郎さん、四天王ミヤさん、ジグマイスターさん
静まり返った階上沖を走り、待望のイシナギを釣らせてくれたさかちゃん、お疲れ様でした。

潮が速い時はまだヒラメは楽しめそうですが、潮が緩いとソイ・メバルが良い感じなので、
切り替えられるようにヒラメバルで出船した方が良さそうです。
但し、メバル仕掛けではイシナギの強烈な引きにハリスを切られそうなので、イシナギ狙いの時は
マスナタ、もしくは太目の胴付き仕掛けで攻めた方が良いようです。
三沢沖でイマイチだった神の竿は今回大活躍!!まっ、ヒラメはリリースした小型1枚しか
掛けられませんでしたが、ソイ、メバル、イシナギと釣り上げてくれました。
やはりハシカミ沖、カミの竿が似合います。

では、また階上沖で!


[PR]釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】


バナースペース