本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2016年分

11月20日  三沢沖マスナタ五目船釣り

まだイケそうなので、ヒラメどうですか?と
フクスケさんに誘われ行って来ました三沢沖。

通販で○キロ買ったエサ用(食用不可)の
イワシがマスナタと同じぐらいの大きさで
意気消沈していた管理人@クロフネを
待っていたのは思ったよりも暖かい(暑い)
三沢沖であった!。


今回は、フクスケさんより今季ラストと
思われるマスナタでのヒラメ五目釣り。
お客さんのキャンセルもあり、少人数で出船。

少人数の為イロイロと試せると思い、まずは
最近出番のないメバル用の3mのロッドでの
マスナタ振り。

テコの原理で重さ倍増!であったが5〜6回
振ると大きなアタリが!ロッドをしならせ
上がってきたのは40cm強のソイ!
後のフクスケさんにも釣れてきて一投目から
幸先良いスタート!

20mラインより段々と深い所へ移動しながら
ポツリ、ポツリと最初良ければ何とかと・・・
いうようにイマイチな状況。

見かねた船長、大きく移動。
岩盤の辺りに来ると、ヒラメ、アイナメ、
水草ガレイと果敢にマスナタのイワシに
アタックしてくる。
岩盤を過ぎると、アタリも人の会話もシ〜ンと
してしまう。ここでフクスケさんから、
”クロフネさん行ってみますか”と提案が!
二つ返事でお願いしますと向かったのは
三沢沖、一か八かのブロック漁礁。


いいですよ!の掛け声と共に、胴付き仕掛けを
降ろすと・・・根掛かり、そしてロスト。
やはりココは攻めのマスナタと思い、
引っかかった水深を考慮しギリギリを振るも
・・・・・生命反応無し・・・。
誰にも何も掛からないので、もう一度先程の
岩盤辺りを責める事に。
今日は、ここに魚が集まっていたらしく
ポツリポツリではあるが、ヒラメ、水草、
アイナメが釣れてくる。
ココで管理人@クロフネ、言ってはいけない
一言を発してしまう。

船長 ”いや〜渋いですね”

クロフネ ”でもさ、型の良いのばっかり
だから今日はいいべ!”

それから、2時間近く他の方々は水草や
ヒラメ等をポツリポツリ釣り上げていましたが
管理人@クロフネの声を聞いた三沢沖の魚達は
”いいべっていってらヤツの仕掛けには
ゼッテェ喰いつかねぇじゃ!”
と言ってるらしく、2時間振る練習をして
今回は終了。
 



気にならない管理人@クロフネの釣果は
本命 50cmのヒラメを筆頭に
ヒラメ 4枚(内一枚はフクスケさんより)
アイナメ 2本、ソイ 1匹 ホウボウ 1匹
水草ガレイ 3枚でした。

そして、フクスケさんの釣果は
50cmのヒラメを筆頭に
ヒラメ 4枚、ソイ 3匹、ホウボウ 1匹
水草ガレイ 5枚、アイナメ 1本でした。

さすがマイスター、ヒラメの数が違います。




寒いと思い真冬並みに着込んで行った海は
思ったより暖かくというより暑く、防寒を
脱いでマスナタを振っていました。

テレビでも言っているようにイカが不漁で
早いけど機械を外すと船頭さんが言って
おりました。

来月からはホッキ漁も始まり、三沢沖の
ナメ五目も始まるかと思います。しかし、
まだまだ釣れそうであれば、ヒラメを
狙ってみようかとも考え中。来月の状況を
見て決定しようと思います。


本日お誘い頂いたフクスケさん、ご同船の皆様、そしてイロイロと気を使ってくれたS丸船長
お疲れ様でした。

今回は沈黙の時間もありましたが小型があまり釣れず、型の良いモノばかりが上がってきました。
潮加減なのか、留守なのか、試練のブロック漁礁では誰の竿にもアタリは無く、静まりかえっていて
季節の変わり目?魚は移動中?なのでしょうか。年末が近いからか、釣れた情報が少ないからか
釣り人も少ない感じで三沢沖でナメタ、階上沖で浅場のマダラジギングの声が聞こえてくるとまた、
盛り上がってくるはずです。

では、また階上沖で!


[PR]釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】


バナースペース