本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2017年分

01月08日  三沢沖根魚五目船釣り

当サイトをご覧頂いている皆さま
新年あけましておめでとうございます。
昨年同様今年も宜しくお願い致します。

新年となり、だら〜ンと過ごしている最中
釣友の社長より釣りにイグベ〜と言われ
仕事の関係上、三沢沖へと初釣りに行って
来ました。

初詣でおみくじ大吉を当てた管理人@クロフネ
を待ち受けていたのは、40mラインなのに
15mで止まる不思議な三沢の海であった。





本日は三沢沖五目で出船。船はK丸(小)。
漁港に着くと薄暗く、船の明かりを頼りに
乗船し準備。

明るくなり7時頃漁港を出ると、ユラリと
ウネル三沢沖。酔うかと思いきや今回は酔う
気配もなく釣り開始。


最初のポイントに付き、仕掛けを落とすも
潮早く釣りづらい状況。胴付きに小ソイが
掛かるも船全体はシ〜〜〜〜〜〜〜ン。

相変わらず潮が速く、仕掛けを落とし着底と
同時に根掛かり・・・。何とか外すと
天秤の上に取り付けた胴付きのハリスが切れ
難を逃れる。

仕掛けを交換し、何度か底取りをしていると
またもや根掛かり・・・。
今度はガッツリ入ったらしく外れる気配無し。
PEを掴んで引っ張るもなかなか抜けず・・・
そうこうしているうちに船縁に擦れ高切れ。

気を取り直し仕掛けを一新し、仕掛けを
投入するも底に付く前に糸の出が止まる。
カウンターは15mちょい。

ん?と思ったがもう一度巻き上げて投入するも
15mで止まる。PEが絡んでいるんだなと
スプールを除くと・・・


ラインが・・・無い。
そういえば・・・
階上沖で・・・
三沢沖で・・・
途中で切れたり高切れしたりしたが、忘れて
いた為、今日ここで寸詰まり。

予備など持って来ておらず、本日は終了かと
思われたその時・・・今回お誘いのT社長より
”予備あるで!”の一言。
他人のフンドシで相撲を取る事に慣れている
管理人@クロフネ、予備を借り再スタート!
他人のフンドシというものは履き心地が良い?
もので降ろすとすぐにアタリが!


しかし・・・他人のフンドシ・・・
どうやって巻くのが分らず、手巻き・・・
何となくこれかなというボタンを押すと
ギュィーンと回り出す。そこで上がって
きたのは40cmクラスのアイナメ。
ここから船中ポツリポツリとアイナメ、
水草、ソイ、カジカ、ギンポさらには
切り身のサバに40cm強のヒラメが!
釣れ始める。

無線ではどの船もポツリ、ポツリとアイナメ
ソイが釣れている様子でしたが!ここで
別船からの情報!!この広い三沢沖で、
しかもこの時期にマスナタを振っている
男がいるという。さらに潮が早くて2本も
ロストしたという。

情報元はS丸。南側で勝負を掛ける我々に
対し、北側で一か八かの大勝負!
管理人@クロフネ、北側からくる気配に
メンバーの気配を感じた!!が、無念・・・
今回はココで終了。


今回、他人のフンドシでの管理人@クロフネの
釣果は、

45cmのアイナメを筆頭に
アイナメ 6本
小ソイ 1匹
マコガレイ 1枚でした。

飲まれなかった小アイナメ、小ガレイは
リリースしてきました。


    

前半は潮の速さにやられ、底まで届かない
と言う大失態・・・。後半は潮も落ち着き
借りた電動リールで釣る事が出来ました。
しかし、2年に1回ぐらいはリールに
巻いてあるPEの確認をした方が良さそうです。

初釣りというのに、管理人@クロフネ・・・
海に奉納するお神酒を忘れてしまいました。
次回は必ず持ち込み安全祈願と爆釣祈願を
致します。


本日、お誘いしたT社長、T社長の釣友、同船の皆様、移動を繰り返してくれた船頭さん、お疲れ様でした。

まだ寒波が弱くナメタはパッとしない状況でしたが、今週の(11日現在)寒波で水温が下がれば上向く
と船頭さんも言っておりました。なんといってもまだヒラメがチラホラ掛かってくる状況なので水温は
高めのようです。さらにはマスナタを振るマイスターも三沢沖に出没したようで違う意味でも熱くなりそうです。

ナメタ五目で今月もう一度三沢沖に出船し、来月には階上沖へ。初のジギングなるものを試してみたいと
思います。

では、また階上沖で!


[PR]釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】


バナースペース