本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2014年分

02月22日 三沢沖ナメタ五目船釣り

階上沖、三沢沖と迷いましたが寒さと積雪を
考えて、土曜ホッキ漁後に遅く出られる
三沢沖に決定!

船はISOさんに手配して頂き、いつものK丸。
しかし、そこで待ち受けるのはデーモン閣下
率いる通称”幸丸軍団”と呼ばれる陸奥湾の
達人達であった!!

デジカメのバッテリー電圧低下の為
釣行中の写真はありません。スミマセン。


予報よりはあまりウネリも波も高くない三沢沖。今回は長靴を忘れる方!も無く定時に出船できました。

今回は幸丸軍団と乗合の方々は全て40号のナメタ狙い、フクスケさんと管理人@クロフネは
対抗勢力”ハチマル軍団”で80号で五目狙い。
勢力の少ないハチマル軍団、船の隅に追いやられ、80号だってよとハンツケ(わかる?)にされ、
フクスケさんんと二人・・・吹きすさむ三沢沖で(吹いてはいませんでしたが)、
寒さと寂しさの中釣りを始めました。

最初のポイントで管理人@クロフネの胴付きイワシにマダラヒット!!
フクスケさんの釣ったデカアイナメが霞む70cmクラス。
その後、ソイを釣り上げまたもや重くズッシリとした手ごたえ。電動を手で巻きあがってきたのは、
さっきのマダラを超えるビッグサイズ。

そういえば今年はまだ貢物を差し上げていなかったのを思いだし、
小さい方をデーモン様に”つまらないものですが”と捧げましたが、
捧げものをしていないフクスケさん、釣った魚の仕掛けのハリス部分をデーモンの道糸に切られ・・・
さらにデーモンは魔力でそのハリスを自分の道糸に絡め、フクスケさんから強引に捧げものを奪っておりました。
恐るべし!(その後、返してました)

今日の管理人@クロフネ、アイナメもソイも今回は何故かイワシに喰ってくる。
そこで天秤を外し、そのまま塩イワシを取り付けた
胴付き仕掛けで挑むと・・・。またもやズッシリ重い感触。そして上がってきたのはマダラ!
その後は胴付き仕掛けには全く反応なしになったので、天秤を取り付けポツポツと釣り上げます。

お昼近くになると、アタリも遠のき静かになった船上に何やらニオイが立ち込める!!
それはISOさんの方向から・・・。
加齢臭?・・・カレー臭!!!カレーの上手そうな匂いに振り向くと、
そこにはカップめんカレー味を頬張るISOさんの姿が!!
カレー臭攻撃に惑わされた皆を横目にISOさん、本命ナメタを釣り上げる。
2枚のうち一枚はナイスなサイズ!

そのカレー攻撃でリミットを外されたjoeさん!カレイ釣りで鬼アワセをしてカレイ竿がポキッと折れる!
しかし、心は折れずに借りたカレイ竿でREスタート!陸奥湾の達人はアワセが違います!!


今回、マダラをさばくのを考えると
これ以上の魚はいいかなと思った
管理人@クロフネと次の日も釣行予定の
フクスケさんは終了前に店じまい。

終了までふちぼんずさんの手元になり、
タモ入れ、絞め水の交換などをお手伝い。

ふちぼんずさんは、ラスト30分でカレイ竿で
マダラを2匹上げていました。
恐るべし陸奥湾の達人たち!!
その後、一人づつ店じまいを始め3時過ぎに
本日は終了。

久しぶりに気になる管理人@クロフネの釣果は


タモから逃れ、ギャフも外れながらも
K丸船長に何とかあげて貰った
95cmのマダラを筆頭に
マダラ2本
アイナメ8本
ソイ1匹
ガヤ1匹
でした。


小さいマダラは知り合いにあげ、家でさばいたパンパンのマダラの腹の中身は
マダラの食べた魚でパンパンの胃袋でした・・・。腹の中に良いものが入っていたのは
誰のマダラだったのでしょう?

今回ご一緒した、陸奥湾からの使者joeさん、ふちぼんずさん、joeさんのお連れの方、
ISOさん、フクスケさん、乗合でご同船の皆様、無線で聞いた情報では厳しい状況の中、
釣らせて頂いたK丸船長、お疲れ様でした。

今回は40号(ナメタ狙い)と80号(五目狙い)で悩みましたが、
ウネルような予報だったのでいつもの80号に決め正解?だったかも。
陸奥湾からのお客様は大変面白く、最後の最後に自分を血抜きしていた
ふちぼんずさんには笑い所を極めた”芸の師匠”と
ロッドを折る強面のjoeさんは”親分”、joeさんの連れの若い方は”割れたホッキ貝”と
太平洋側では呼ばせて頂きます。
(冗談です・・・が、広まりそうです)

23日も出船した”タフガイ”フクスケさん、釣果はどうでしたか?吉報をまっています。
では、また階上沖で!

釣り日誌2014年分一覧に戻る


[PR]


バナースペース